2016年02月29日

基礎はやって来た、しかしフンダメントはやってなかった!!

この時期になるとブラジルのプロに挑戦したいという人がCOJBにも応募してくる。

2日に大学を休学してブラジルプロに自分の力を試しに行く浦和の19歳がいる。
先週もう1人兵庫から18歳が横浜から到着した。
いずれもブラジルに挑戦する前に自分を鍛えてから行きたいという気持ちなので、Jr.ユース、スクールのない時間帯の午前中を使って、毎日ではないけれど、昔のトップチームのようにプロ挑戦者の練習をお手伝いすることにした。

大したコンディションでないのにブラジル挑戦は時間のお金が勿体ない。
ならば最低限しっかりと心技体を準備してから行く必要がある。
達成したいという強い意志があるならばお手伝いしたいと思い再スタートした。

この2人、ある程度のサッカーをするベースはある。

しかし、この2人のここに来るまでのサッカー環境は聞いていると決してプロを目指すようなものでは到底ない。

平日は自主トレ、週末は社会人サッカー。一方はアルバイトの間に走り込む、週末はやはり社会人サッカーに参加。

これで、ビザを取得していざブラジル?

いくらなんでもそれはない。

自分のブラジルの元チームメイトにアマチュアサッカーを20歳過ぎまでやり、プロテストを何度も受けてようやくプロになり、活躍し、その時98年フランスW杯イヤーだった時にブラジル代表にまで上り詰め、準決勝の対オランダ戦で右サイドバックでフル出場したミラクルボーイがいたけれど、あの王国で、いや王国だからこそそのような選手の受け入れ体制もあつたのかも知れないが、1%の可能性、この1%の可能性とは本人の達成したい尋常ではない気持ちだけだと思う。

話しを戻すけれど、この2人の環境はあまりにもプロを目指すには一見無謀。

しかし、本人達の尋常ではない気持ち、その気持ちを取り巻くさまざまな環境が一致した時に僅か1%の可能性が少し広がって行くものと色々な雑草的選手達を拝見して来て思うところがある。正直、自分自身も雑草も雑草だから。

それにしても、この2人もフンダメントのレベルは低い(苦笑)
ある程度ボール扱いはできるのにね。COJBのU15メンバーなんてドリブルで振り回されているよ(笑)なのにだ。

フンダメントとはポル語で『基礎』を意味する。COJBでは全カテゴリーの公用語である。
そしてもう一つは『プロテージ=保護、守る』を意味し、サッカーではボールを護る、所謂、身体の使い方にも直結する。

18,19歳にもなれば、誰もがこのフンダメントが自分で出来ていると思っているようだ。
ここに来るまでは(笑)

そして、そのフンダメントのメニューをすると「このようなフンダメント練習はしたことがない」と口を揃える。

可笑しいよね?日本でも基礎は小さい頃からやって来ているはずなのに・・・。

確かに年代を遡れば、U12のメンバーに聞いても同じ答えが返ってくる。

「こういうのはやったことがない」と。

18歳にもなれば、プロを目指すならば、プロの世界で通用するフンダメントがある。
逆に言えば、この2人がやっているフンダメントはプロに通用しないレベルであるということになる。

プロはディビィジョンが上れば上がるほどフンダメントの質は高い。
下に降りれば降りる程、フンダメントのクオリティーが低くなり、逆にプレーに激しさが増し、言い方を悪くすれば荒い。これは恐らく、万国共通だろう。

技術、フンダメントの質が悪い選手はトップレベルでは通用しないのだ。

この2人も、かつてCOJBでプロにチャレンジして来たメンバーも最初はこのフンダメントに苦しんだ。いや、苦しませた。何故なら目指しているからだ。

しかし、この2人の利点はまず自分のフンダメントの無さをやって見て実感し、素直にまず受け入れたこと。
「自分はフンダメントがない」と。

毎回悪戦苦闘している。スピードボールを動きながらしっかりとコントロールする技術。
伸びて正確で速いパス。ドリブルとパス、トラップとドリブルが1セットになっている技術等。

ブラジルサッカーも、バルサのサッカーもこのフンダメントがベースになければあの魅力的なハイレベルのサッカーは絶対に成り立たない。

「止める」「蹴る」「視る」「走る」「プロテージ」

彼等が今、午前中練習している広場の真横でJ1のクラブが練習している。

彼等に意識してもらうために伝えている。
「挑戦するなら、あのチームにポンと入って通用する技術が必要でしょ?
今、君らがあのクラブのゲームに10分ほど入れて貰ったとしよう、ワンタッチ、ツータッチでポンポンスムーズに回すパスのリズムにそのフンダメントでついて行けると思うか?残念ながら今は無理。やってみなくてもそのクオリティーでは解る。

本来、フンダメントがある奴ならドリブルは通用しなくても必ず機能するよ。10分程度ならね。いや、20分ぐらいなら行けるかも。
速度のあるパスを正確にダイレクトで戻す、正確にコントロールしまた戻す。
ドリブルしても囲まれてしまうだけだからとにかく止めて、出すだけ。

ハイプレッシャーの中でも顔を上げて強いパスを出す技術があれば、その後は、プロで必要な一瞬の速さとその継続できるスタミナと筋力が必要となるので、今のコディションなら通用しないだろう」と。

「基礎は大切」

この言葉を否定する人は選手、指導者誰1人存在しないだろう。

では、その基礎が実際の試合の場面でどう効果を生むのか?
それはどのようなシーンなのか?
トラップとパスが1セットになる必要があるとはどのようなことなのか?
どうしたら速いパスが出せるのか?
トラップが出来るのか?

それを自分がプロの中に入った時に普通のことのように出来るものであるのか?

ブラジルの選手が見せる技術の根底にはフンダメントがあり、それば試合に直結しているものであるということを自分自身が18歳で痛烈に感じてしまった。
年齢的に遅いとも思った。しかし、来てしまった以上そんなことは言ってられない。
あのハンマーで頭を叩かれたような衝撃。プロの夢が一瞬遠のいたことは今でも忘れない。

自分も基礎は出来ていると思っていた。しかし、フンダメントは全く出来ていなかったのだ。

一流のプロはミスが限りなく少ない。しかもハイプレッシャーの中で。
ならばそのシチュエーションを作らなくてはならない。
コートを狭くしたり、広くしたり。

ブラジルプロ下部組織サントス×コリンチャンスU13をYou tubeで拝見した時も
毎年行くブラジル遠征でもこの年代の試合でのフンダメントはやはり日本の基礎とは違う。

今、18,19のメンバーが来ているけれど、毎日フンダメント、フンダメントと言って繰り返しているU15のメンバーと比較すると、確かに一緒にやらせてみると、中学3年にもなると、意識がフンダメントの重要性を実感して来て少し取組始めるような気がして、明らかにU15のメンバーの方が質が高い。ただ、まだ力強さや器用なテクニックはないからどうしても18以上のメンバーの方が巧く視える。

逆に中2以下のメンバーはまだ何かフンダメントの重要性を解ってないような気がしてならない。やはり自由時間だと違うことをしているしね。

その点18,19の挑戦者達は、真剣に自分のフンダメントの無さについて認め、重く捉えていることがこちらにも伝わってくる。

まぁ、直ぐに勝負して結果か問われる年代と、まだ半ばサッカーを楽しむという年代の違いはあるから仕方ないのだろうけれど、中学年代でその重要性を知り、追及して努力したら本当に質の高い選手になるのに勿体ないと思う。

まぁ、それに気付いた者だけが上のレベルで生き残れるのだからそれも競争の社会、仕方ないと言えば仕方ない。

Jリーグでも長年プロとしてキャリアを積んでいる選手はやはりフンダメントをやって来ている。何が重要なのか?を次々に来る外国籍選手からもしっかり吸収して来て逃さないからだと思うね。

プロはパス、技術のブレを嫌がるものだ。ボールを足で扱う職人だからね。
それで飯を食っているのだ。ブレている者がその世界で生き残れるはずがない。

身体能力が抜群に良くてもやはり技術の低い者はトップでは通用しなくなる。

もっとフンダメントを普及したい。基礎は誰でも大切なのは知っている。しかし、フンダメントはまた違うのだから。

DSCF9072.JPG
posted by COJB at 15:42| 神奈川 ☁| トップチーム(FC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

諦めず、いさぎが悪い奴ほど夢を叶える


http://blog.qandasports.com/post/139961274246/選手対談前編豊嶋-邑作-丸山-龍也異国の地でプロサッカー選手になった二人

o0480050013576794623[1].jpg

日本国内だけでもCOJBよりチーム的に強いクラブは山ほどあります。
それはU15もU23にしても。

U12,U15年代までは皆夢を持ってサッカーをしています。

U18、高校に入学するまではやはり将来プロ選手になりたいと夢を続けている人もいます。

しかし、やがて高校3年にもなると進学か就職か?という進路の選択に迫られます。

その時に君達はやはりU12,U15時代と同様に「プロになる」ことを貫いているでしょうか?

この二人も、今のジュニアユースメンバーと同じように葛が谷Gで汗を流して来ました。

一時、プロになるという選択肢を失いかけた二人ですが、やはり思いが強かったのでしょう。そこに行き着くために強い思いと行動て夢を叶えたのです。

この二人以外にもジュニアユースからもオーストラリアで夢を叶えた木戸楓真
同期でヨーロッパでプロになり、ドイツに身を置いている和崎友作も

その後輩達もまだ諦めていない、むしろそれに達することしか考えていない変人達(良い意味で)が控えているのも事実です。

COJBに来る選手達より、よっぽど資質があり、地域ではまずまず名前がある選手達がある年齢になると、燃え尽きたようにサッカーに対して諦めを持つことが多くあります。

「自分はここまで」と自ら限界を決めて、周囲が「あいつ続けたら絶対にプロに行けたよ」と残念がるケースは日本全国を探してもかなりの人数がいるのではないでしょうか?

「高校選手権に出場してプロになる」と言っている中学生が多くいるとして、

実際に高校選手権で騒がれた選手達であれだけのチーム数で、しかも選手権でスタメン張ってJに入団する選手、また大学経由でJ入りする選手がどれだけいるのでしょうね?

意外に思うほどいないものです。

では選手権でるような選手でなければ、プロになれないのか?
プロを目指しては行けないのか?

むしろ選手権など無縁で、全く脚光を浴びていない選手の方が夢を持ち続ける人が多いのではないでしょうか?


高校で燃え尽きる人が多い。

「あの時、目指していれば良かった」

よく聞く言葉です。後悔の念です。

30歳になって初めて歌手を目指す人はいるでしょうが、プロサッカー選手を目指す人はほとんど正気であればいません。

今しかできないこと。それが残りの人生にどう繋がっていくものか?

やらせて貰えるならば、感謝してやればいい。

若い頃しか突っ走れない。

諦めない、いさぎの悪い人間であっても良いのでは?

そんに若者がもっと出て欲しい。

また、貫いているOBにはそれをもっと発信して欲しいと願います
posted by COJB at 01:18| 神奈川 ☁| ジュニアユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

吉野裕太郎、移籍登録完了し、ベンチ入りするも出場機会なし 

吉野コメント


「第4節の試合があり、僕もそのメンバーに入りました。
結果は0-0で僕も最後までベンチで試合には出れませんでした。
ただ、初のメンバー入りでプロならではの雰囲気も感じられたので次は試合に出れる様にトレーニングしていきます。
今、チームの調子が良くないので6人がクビになり、新しい選手が集まってきています。
僕の意見からすると選手の問題というより監督が力不足だと思いますが、監督は権力があるので残念な事に選手が次々とクビになっています。
僕はsub20の試合にも出る予定なのでクビにはなっていません。ただ危機感を持って生活してシビアな環境に慣れていかないとは常々思っています。」

今野のコメント

僅かリーグ3節、4節を終えた時点で、解雇されてしまうという厳しい現実。
使い物ににならないと判断した選手をいつまでもクラブに在籍させればそれだけコストが掛かる。

チームも負け続け消化試合になれば、コストが掛かる順番から解雇し、下部組織の若い選手にチャンスを与える。下部組織の選手もこの1つ1つの機会が、テストの場で、結果を出せなければ、U20の公式戦を待たずして解雇される可能性もある。

また、監督も同様で3回連続で敗戦したら更迭のリーチとなるケースが多い。
常に危機感の中で指揮を執っている。
自分の経験上、3ヶ月間に監督が3度交代したことがある。

ブラジルは日本と違い、公式戦の多いビッククラブとは違い、1年契約という保障はなく、大会期間、例えば3ヶ月なら3ヶ月のみクラブ側が契約することが多い。

あまりにも選手や監督が多いので、競争があり、中々安定できない。

このような厳しい環境の中で、19歳の吉野がチャンスを貰い、結果を出して次に繋げることができるか?クラブでの生き残り、ブラジルでの生き残りを懸けて奮闘する。

IMG-20160124-WA0004.jpg


posted by COJB at 13:12| 神奈川 ☁| ジュニアユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジルのセレクション

ジョンガマレオン 杯

https://www.youtube.com/watch?v=hczPz0KRhfw&app=desktop


4チーム総当たり。

オザスコアウダックスU20
グレミオオザスコU20
オザスコアウダックスU17
テスト選抜U20

注目するべきはテスト選抜U20。
上の2チームの入団を求めて1,000人のテスト生が凌ぎを削る。

特にアウダックスは日本では無名であるが、サンパウロ州選手権のプロのトップリーグでコリンチャンスやサントス等を脅かす強豪クラブ。
U15は州選手権でビッククラブも押し退けて優勝し、下部組織はどのクラスも強豪。

この1,000人のテスト生の中から30名のみ残し、このカップ戦に出場している。
そのメンバーの中にCOJBの山本アキトシもいる。このカップ戦で1ゴールし、アピールした。
エクススザノでサンパウロ選手権チーム得点王になった山本(18)は、更に強豪クラブ入団を目指し、自分が生き残る場所を探している。

IMG-20160114-WA0006.jpg
<サンパウロ州で奮闘する山本>

それにしても、ビッククラブのセレクションに1,000人集まるケースあるが、それ以外のクラブにこの人数が集まるのは異例のことだと思う。
posted by COJB at 12:22| 神奈川 ☁| ジュニアユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

久しぶりにスクールの話し

やはりU15,U18,U22などが少しずつ成果を上げればやはりその根底にはU12のカテゴリーの育成を振り返らなくてはなりません。

あまり情報を流してきませんでしたが、何気なくCOJBスクールからも上の年代の即戦力を輩出しているのに気が付きます。

最近では、桐光学園からジュビロ磐田に入団した小川航基なんかも実はCOJBスクールに2年在籍していました。
ドイツのプロとして奮起するJr.ユース1期生の和崎友作もその一人。彼は4年生の時から、COJBの年上(U22)の選手達に揉まれました。時には涙も流しながら。その結果、ベルマーレ湘南からスカウトされ入団しました。
ブラジルで奮起するJr.ユース3期生、吉野裕太郎も5年生からスクールに
入り、とにかく止める、蹴ると基礎の中の基礎を徹底して学んで来たことがブラジルで活きています。
14.JPG
(吉野/後列右から2番目、後列右端が同じくスクール育ちの森大地/ブラジルで同じく評価された一人)


最近スクールに1年生が4人います。2年生が2名、あとは全員高学年。
低学年は高学年に学び、高学年は低学年から学ぶ、更に中学生から学ぶ。
どの学年も物足りなくならないように育成しています。

同年代とばかりサッカーをするシステムはU12に限ったことではありません。
U18、U22も同じです。年齢の枠を打ち破る。日本の育成システムに最も大切なシステムであると思っています。

ゲームなんか特にごちゃまぜにやっています。

高学年のメンバーが物足りないと感じてしまいがちで、低学年が怪我しちゃうんじゃないか?と心配もありそうなものですが、メリットはお互いあります。

薄暗らくなっても、年齢関係なくサッカーを楽しんでいる彼等を見てて、ブラジルの年齢関係なく日が暮れてもやる今では昔よりも減ったストリートサッカーを彷彿させます。

1年生、シュート練習の時は個々にボールに触れられるので個人強化になりますが、
最後のゲームになると最初の頃は殆どボールに触れません。
一番楽しいゲームでやはり、高学年は試合に負けたくないので、一年生にボールを渡さないのです。しかし、「1年生がゴールすると一気に3得点にする」というルールになると、高学年も点を稼ぎたいので1年生にボールを渡すようになります。

1年生にはゲーム中、こう伝えます。
「遠くでボールを待っていていつまでもボールが来なければ、自分でボールを奪いに行くことだよ」と。1年生は何とか年上からボールを奪えなくても相手の攻撃を遅らせているシーンが多く見れるようになっています。

そこで解説。「そうだよ、今○○がボールを一生懸命追いかけたから仲間が奪えた」と。

1年生は特にボールに一度絡むと、二度目は足を止めていることが多いものです。

そこを敢えて「もう一度行くの!!一度で止まってはだめ」と伝えると、ずっと足を動かして
ゲームに貢献しています。

ゲームやる前、最中のアドバイスはこれだけです。

「年上は絶対にボールを年下から奪われない、触らせない、また仲間に低学年がいたら、パスの強弱、精度にこだわる。少しでもボールがズレようものなら低学年は取れない。しかし、その気遣いが、精度になる。逆に低学年は年上を怖がらない、一回でもいいからボールを奪う、ボールを奪いに行く、ボールが来なければ自分でボールのある所に行って奪いに行く、もし、自分で奪えなくても、後ろのメンバーが奪ってくれるかもしれない、それだけでもいいプレーをしたことになるよ。一度でも年上からボールを奪ったら、所属チームに帰って相手チームに自分よりも大きな選手がいても、まず怖がることはない」

今できることを精一杯やること。何でも良いのです。
ゴールしなくてもドリブルでなくても。少し相手のプレーを遅らせるだけで貢献しているシーンはいくらでもあります。

ちょっと1年生と5年生を一緒に練習させるのは強引かな?と思ってましたが、
そんなことはない。

5年生は1年生にボールを奪われまいと、テクニックも付く。

南米サッカーの根底を少し見ることができます。


真剣勝負の環境を作るにはまだ時間が掛かりますが、

1年生がゲームに負けて悔し涙を流すくらいになれば、良い環境になっていると思います
posted by COJB at 14:29| 神奈川 ☀| ジュニアユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする