2016年06月13日

この中学生時代が重要な訳

今、チームとして抱えている課題。
中学生は正に字のごとく、小、高校の間に挟まれている大切な時期。
サッカーもそうであるが、人間としても大人になっていくベースを作らなくてはならない時期でもある。

小学生のときは、自由きままにサッカーが楽しく、中学になっても続けたいと思って、部活かクラブチームか?という選択になるけれど、もう少し、中学生年代になったら部活は部活で学校教育の中から学ぶこともあるだろうし、クラブチームならそのサッカーという題材を使って大人社会に入る予備軍として、団体行動をはじめ色々とテーマを持って成長して貰いたい。

ただ、このようなことは日々、サッカーという技術そのものに集中しているものもあるから、大切な個々の部分に焦点を置くということが見落とされがちになる。

集団で活動していれば、当然チームの輪を乱すようなことをするメンバーがいれば、指導者としては黙って見過ごす訳にはいかないだろう。
「よし、これから試合に集中するぞ」と意気込んでいたら、メンバーが試合集合時間に間に合わず遅刻をしてきたとすれば、そのメンバーがいくら主力だからと言ってスタメンから出すことはしない。

これは、指導者としてもチームメイトとしても頭の痛いところになる。
当然、遅刻は試合に出れないという規則があれば、余計だ。

この大切な試合に勝ちたい。この遅刻者が実はゴールゲッターだった。

彼らからすれば、目先の大切で、勝ちたい試合。当然コーチからしても同じ考えだ。

でも、中学生年代の長いこれからの人生を考えたらおのずと迷いも消える。

まず、この遅刻者を試合に起用することはないだろう。

学校の成績表を拝見したら、「1」がついている者もいてそれはそれで問題ではあるが、学校に遅刻していっている者がいるとしよう。

こちら側としては、高校進学に影響がでるから・・・という理由で黙っておけないということはなくはないけれど、「サッカーで成功したい」なんて言っている者が、平気で学校に遅刻して、普通に好きなことだけ一生懸命やるという姿勢を小学生なら見過ごせるかもしれないけれど、中学生になってそれを見過ごせるはずがない。

優等生になれ!!とは言わない。

しかし、やりたい時だけやる、自分が好ましくないときは寝坊して遅れてもいい、食いたいときだけ食う
これじゃ子供だよね。って思うからやはり叱るようになる。

一般的には「まだ子供だから・・・」となるが、それでいいんか?ということを追求していくか、見て見ぬふりをするかは指導する側の考え方。また、あくまでもサッカーチームだから・・・と割り切ればさほど悩む問題ではないのだ。

しかし、実はサッカーも結局、人間がやるものだから、ピッチ外の振る舞いがピッチ内で必ず出るものだ。
性格が露になる

同じユニホームを着て試合に出るがメンバーの世界では当然実力社会だから格差がある。

皆、レベルの高い連中が集まっているなかでもその中で格差は出る。それはスポーツの世界だし競争があるので仕方がない。しかし、たとえば、エース級の奴が、いつもエース級の仕事をするとは限らない。

かならず駄目な時もある。しかし、そのエース級の奴はそうでない奴がミスを連発すると罵る。しかし、エース級の奴がミスをして、さらに自分でボールを奪われても自ら奪い返しにいかず明らかに足が止まっている。

そんな奴に何も言わずエース面させていたらそのエース面した奴は、井の中の蛙で終わる。

エースだろうが、何であろうが、チームの規律、団体行動を乱す奴は試合に使わない。
下手でもチームのために汗をかける奴を試合に選ぶのは当然だと思う。

プロを目指しているかもしれないが、プロではない。あくまでもこれが育成年代だと思う。

プロは結果が全て。しかし、育成年代は違う。そこに教育という観点を抜かしてしまったら、仮にサッカーは多少うまくなっても、人は育たない。

皆手をつないでプロになれるのか?って思う。

殆どが社会人になる。それをサッカー通じて長いスパンで中学生を視なければ勿体無い。

また、サッカーそのもののレベルも大人のサッカーにならず、いつまでも「俺はドリブルしたいからドリブルするんだ」「ドリブルして苦しくなったら仲間に渡す」「奪われたら追わないで仲間に取らせる」
といった子供じみた発想から脱皮できずに中学を出るようになる。

勿体無いね。これは。

だから指導者は観察眼が必要だと思うし、ある程度人生経験も必要だと思う。

COJBにとっても今、大切な育成時間となっている。

もう一度、自分を含め、メンバーに対してのアプローチの仕方を考えなくてはならない。

要は「良い選手」にしたというよりも「いい男(良い人間)」になって貰うことがテーマ。

サッカー選手を育成しようと長年試みているけれど、やはりこの理念は人の育成というベースがあってのこと。

一時、そのメンバーには厳しく辛く、保護者から見ても辛いこともあると思うけれど、これもメンバーの将来を見据えた中でのことだと理解して頂ければ幸い。

コーチに厳しくされても心が折れないように支えて貰うことだと思う。











posted by COJB at 12:33| 神奈川 ☔| ジュニアユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

若者の人生にもいろいろなことが

1日にブラジルへ飛ぶはずであった18才のメンバーが出発当日に起きたアクシデントでブラジルへ飛べなくなった。

この3ヵ月今野塾でみっちり鍛えた。
一度、実家がある兵庫県に荷作りをするため帰郷、再度出発当日まで万全な準備をして、今野塾での練習を希望。
昔トップチームをしていた頃も、ブラジルへ出発当日でも午前中練習をして、夜のフライトでブラジルへ行ったものだが、最近ではごく稀なケース。

出発当日1日も天気は良く、気温は高いが風がすがすがしい。送り出す2名を早速、戦闘モードで鍛える。
トップスピードのボールをしっかりとコントロールし、正確にパスを出す。基本的かつ試合で直ぐに出くわす場面の練習を地道に繰り返す。
2時間が過ぎた時、最後の仕上げをやり無事に最後の練習が終了と思われた時18才のメンバーが「トラップが納得行かないのでもう一度ボールを蹴って下さい」と要求。
数回蹴ったか。

最後の一回をトラップして走り終えた時に膝を捻ったと首を傾げて座り込んだ。
本人はたまにやる脱臼だと言っていたが、心配になったのだろう、どこか良い医者いませんか?と聞かれたので、新横浜公園付近で知ってる先生を思い出し紹介した。
直ぐ連絡したら応対してくれた。後に紹介した接骨院から連絡があり「恐らく半月板損傷していという知らせだった。
詳しくは知り合いのドクターに行きMRIを撮り診断結果を待つことになる。
付き添いして下さった接骨院の先生がやはり半月板損傷しているので手術して縫合して貰った方が良いというアドバイス。

このままブラジルへ飛んでも、ブラジルの空気を吸えるだけでサッカーは出来ない。期間はどんどん過ぎ、再チャレンジは出来ない可能性が高い。
ならば飛行機をキャンセルし、再度やり直した方がいい。そう決断し、飛行機を当日キャンセルし、ブラジルへは1名だけ送ることになった。
3ヵ月前、兵庫県から横浜に来て初日練習で重い身体を露呈し苦しそうにしていたのを思い出す。アルバイト中心で殆ど練習してなかったときいた。
確かに出発当日と横浜で練習を開始した時の身体の違いは一目瞭然。ふっくらとした顔、デカい尻。いかにも18才の若さにしては肉がついていた。
しかし、苦しい練習を僅か週3+社会人チーム+COJBフンダメントU15練習+自主トレで身体は締まり、顔もすっきりした。
出発当日は身体が軽いのかダッシュに伸びを感じた。今野塾が2ヵ月過ぎた頃、股関節の痛みを訴えてきた。
「股関節は特に無理してやると治らないから少し休め!」と伝えた。
折角、スムーズに調整してきたのに最後の最後で怪我をしたら調整失敗ということ。
痛いなら無理してやるべきではない。

彼はそれを聞き入れて練習を数日休み再度コンディション調整を開始。その後、ますます身体の切れが出てきていた矢先だった。

元々本人曰く、膝が脱臼するという経験をしてきている、その癖が半月板損傷になってしまったのか。

彼は現在、こちらで紹介された神戸の膝の手術に定評がある先生を紹介され、縫合手術を受ける決心がつき、なるべく早い復帰が望まれる。

「練習これで終わりだ」と終了した後に「もう一度」と言わなければ今頃ブラジルでの挑戦が始まっていたと思う。

ただ、もしかすると、それだけ脱臼癖があるならば、どこかで発症していたかもしれない。

当日の状況も、綺麗な芝生の上での練習だし、接触プレーをした訳ではなく、ごく普通に基礎をやり、ごく普通に走り終えただけであった。

ブラジルでそれが発症していれば、彼の時間と費用は失われていく。しかし、それを未然に知らせられたならば、彼は護られた形になる。

過去から20年やっていて、このようなケースはまた稀で、当日飛行機をキャンセルして行けなかったケースはないに等しい。

ブラジルで大きな怪我をしたら致命傷だ。それを防げたのだから前向きに考えれば不幸中の幸いというものかもしれない。

まだ、18才。これからチャンスはある。諦めない精神で更なる強い気持ちで臨むことだと思う。

人生悪いことばかり続かない、必ず嵐は過ぎ、良いこともたまにはある。彼の18年間の人生の中に、また、人としても強くなれる
機会を試されているものと私は思う。腐ったら終わり。時間だけが過ぎる。


前向きに生きること。これが我々の生きていくために試されているものだと思う。


強靭な精神力で早く復帰してほしいと願う。


posted by COJB at 12:13| 神奈川 ☁| ジュニアユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする