2018年02月15日

考える力を身に付ける

先日の新田中体育館での練習。
ジュニアユースのメンバーがテスト休み期間ということもあり、その日はスクール生を含む小学生が多く参加した。中には初参加の小学生もおり、下は小学2年生から上は現役のプロ選手までが混ざっての練習となった。

主にフンダメント(基礎技術)がメインとなったけれど、ひときは目を引く子がいた。初参加の5年生。
ヘディングでの練習のひとコマで、一人が山なりのボールを投げ、もう一人が走ってきて片足で踏み切り、一番高い打点でボールをとらえるという単純なもの。
練習に参加したほとんどのメンバーが中々タイミングが掴めなかったり、両足でジャンプしたり、空中での溜めが出来ずに脳天ヘッドで下から突き上げたり。5年生の子も最初は一緒だったが、わずか十数分で差が出た。

片足で踏み切り、空中での溜めが出来てしっかりとおでこでとらえて叩くことが出来ると、返るボールの質は明らかに違ってくる。

ジュニアユースのメンバーにおいてはこれまでにも似たような練習はしてきているはずだし、ヘディング以外の練習においても散々やってきている。しかし、身に付いていないメンバーが余りにも多すぎる。

僕なりに色々と考えてみて、ひとつの結論を出してみた。

「考えていない」

これに尽きると思う。

前述したヘディングの練習で吸収力の高さを見せてくれた5年生の子はそれなりのチームに所属しているが、その吸収力からも頷ける。

じゃあ、なぜ吸収力が高いのか?
なぜ、COJBに所属しているジュニアユース、スクール生の方が練習を通じて経験している時間が長いにも関わらず、ひとつの技術をとっても差が出てしまうのか?

例えば、ひとつの技術を身に付けるのにポイントはたくさんあるけれど、選手個々に違いがあるように、自分に一番あったポイントも違ってくる。
間違ったポイントが1000ある中に自分にあったポイントが10あるとしよう。
1回の練習で1つのことしか考えずに取り組む子と、1回の練習で10考えて試す子。考えるまでもなくどっちが早く自分にあった答えを出せるかわかると思う。
1年365日のうち、年間で333日練習して、中学3年間で約1000回の練習があったとしてやっとポイントを見つけられる。
しかし、考えることを習慣化してる子はわずか100回の練習(3ヶ月程)の期間で試行錯誤しながら、どんどん吸収していく。明らかな差だよ。

これは決してサッカーだけに限ったことではないと思う。学校の勉強だって頭の中に常に「何で?」と?マークを持っているのと、ただボケッと授業を聞いているのとでは大きな差になる。例え高い授業料を払って塾に通っても根本的な姿勢が変わらなければ学力をあげるのも大変だ(苦笑)

社会に出たときでも同じ。頭の中で色んなことを考えて、企画して、計算して、実行していく人と毎日のノルマをなんとなーくこなして生活している人とでは差が出てくるはず。

話を戻すけれど、サッカーにおいては体格差だったり、足の速さ、得意な動きや苦手な動きなどに差はあるにせよ、前述したヘディング練習のような基礎技術、ステップにおいては誰もが身に付けられる。それひとつとっても吸収出来るスピードに差が出てしまうのはやはり考えていないからではないか?と思う。

逆を言えば今からでも「考える習慣を意識する」ことで成長していくことは可能だと思う。
普段の日常生活の中から意識してみて欲しい。

平野コーチ
posted by COJB at 14:15| 神奈川 ☀| ジュニアユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする