2017年08月23日

ブラジル遠征 10日目



31日(10日目)

am 8:00 朝食
am 9:30 散策(スラム地域訪問)
pm 1:00 昼食
pm 4:30 試合 対 ADグゥアルーリョスU13


この日の注目プログラムはスラム街散策。

危険、何かあったら・・・と日本の感覚からすればそう。

最初、ホテルからより近いスラム地域をバスから見学したが、
どれも自治体が改善してきている地域であり、あまりメンバーに伝わりにくいと思い
バスの運転手に提案したところ、丁度、運転手が、スラムに近い地域に住んでいて、
知り合いも多く、まさに『スラム街』という場所を知っているということで、30分ぐらい
バスで行った地域に案内してもらった。


近くに着くと、まさに、日本でブラジルのスラム街が映像にて紹介されているイメージ
のスラム街、巨大スラム街、リオにあるものの小さくしたバージョンが目に入って来た。

バスで回っているだけではサファリパークと変わらないので、バスから降りて
メンバーにこれもしっかりと自分の目で体験させたかった。


あまり、長い間ブラジルに住んでいて、スラム街の人達とサッカーをしたことはあったし、
しばらく、近年ではでは貧しい施設には訪問しても、
まじまじとスラム街に潜入したことがなかったので改めて凄いと感じる。

流れの悪い、ヘドロが溜まった川から異臭がする。

その川沿いに不造作に家や飲食店など商店がならぶ。

蟻が住みかとして山を作り、蟻御殿を造るかのように、やはりスラム街も整備されない
山に次々と住みかを造って暮らしている。

運転手はこのスラム街に知り合いが多く、歩く度に話しかけられていた。

運転手に聞いた。

「ここに住んでいる住民は最初どのように電気や水道を引いているの?」

(運)「自治体が負担したり、中には電力を違法に引っ張って電力や水道を開通
させているんだ」と。

自分達が生きて、暮らしている世界が普通、もしくは普通以上のものだと
するならば、世の中にはそうでない人達もいるということをしっかりと目で確かめて
何かを感じ取って貰いたいと思ったし、自分達が使い古して本来ゴミ箱行きなものを
世の中には必要としていて、喜んでくれる人達がいるということ

また、それを簡単に手に入れられる自分達とそうでない人達がいるということを
この多感な中学生期に感じて貰いたいと思ったから
わざわざここに拘って、バスで時間を掛けて訪ねた。

冗談交じりに、運転手の知り合いが沢山いるならば、一日ぐらいここに
交流として、ホームステイもありではないかな?と私は言った。
また次回はここにも直接、物品を持って来て、交流したいと思った。

関係者が話していた。

ブラジルでは、表向きは社会貢献、貧しい人達を救うとして、色々な物資を集めて
配布しているとしているように見えるが、それを売買に利用したり、己の利益を
目論んでいる人間もいると。
偽善めいた行為も横行しているという。

ここに住んでいる人達は物質的にはもしかすると幸せではないのかもしれない。
しかし、本来、人が失ってはいけない明るさ、日々を必死に生きる力強さを
感じる機会にはなるかもしれない。

いかにして自分達が恵まれた国、環境で生活しているか?を振り返る機会になるのてはないか?

今、与えられている生活は感謝しつつ、このような環境に触れ、振り返ることは
いくらでもあるという気がする。
ふぁべーら1.jpg


(最終試合)

対ADグゥアルーリョス。
25×3本(17時キックオフ)

正直、遠征試合唯一勝てそうな試合であったが、
この試合も勝つことが出来なかった。お馴染みの立ち上がり5分以内の失点。
この失点は最後尾の助っ人ブラジル人が余計に持って奪われたものだから
事故として処理するけど散々助けて貰っていたから責めれない。

相手はU13主体でレベルも6試合のレベルと比較するとかなり落ちる。
いくらかパスは回せるが相手ゴールを脅かすには遠い。
もちろん年下だから相手エリアでプレーする回数は増えたがしっかり
シュートらしいシュートで終わることはない。
力強さというところに焦点を置くならば物足りなすぎる。
個として力強さがあるチームはゴールする可能性は高く勝利率も高くなる。
1点奪うことに労力を費やすチームはよほど守備力を強化しないと勝つ可能性は低い。

これで試合すべてが終了した。

それにしても勝てないね。毎年・・・。

プロ下部でなければ、1つぐらい勝てるのか?

大量失点にならなかったのは助っ人GKにかなり活躍してもらったということは間違いではない。


ブラジル人相手とは言え、1つも勝てないという現実に対してどれぐらいの悔しさがあるか?は
やはり先に目標が明確にある者とそうでない者との差は歴然だろう。
posted by COJB at 11:40| 神奈川 ☀| ジュニアユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする