2017年11月07日

正早安楽

タイトルの漢字四文字。つい最近、本を読んで知った言葉のひとつ。
ビジネス用語としてはよく知られている?ようだけれど、恥ずかしながら読み方も知らなかった(笑)

正(せい) 早(そう) 安(あん) 楽(らく)

そのまま読むだけでいいらしいが、四文字熟語のようで、違う言葉。

意味は・・・

正 (もっと正確に)
早 (もっと早く)
安 (もっと安全に、もっと安く)
楽 (もっと楽に、もっと楽しく)

仕事や、業務をよりよく改善していくために、シンプル且つ効率的に問題点をあげる時などに用いる表現らしい。

この言葉を見て、そのままサッカーにも応用できるのでは?と思った。様々な問題点、抱えている課題、プレーの長所・短所は個々にあるけれど、まずは上記の四文字を僕なりのサッカーでの表現に変えて見たい。

正 (もっと正確な精度の高い技術を身につける)
早 (もっとスピード感のあるプレーを身につける)
安 (もっと安全で確実性の高いプレーを身につける)
楽 (もっと楽しく、見ている人も楽しめるサッカーをする)

解釈の仕方は人それぞれあるかもしれないけれど、僕は「正早安楽」という言葉をサッカーの面では上記のように解釈してみた。
そんな簡単に答えは出てこないけれど、メンバー個々にどうアドバイスをしたらいいか?どう導いて行けばいいのか?が今はまだぼんやりとだけれど見えてきているように感じる。

ビジネス用語なのだから社会的にはもちろんだけれど、サッカーのみならず解釈の仕方でより向上心を持って物事に取組む時にはすごく分かりやすい言葉だと感じた。
勉強面でもより効率的に取組もうと考えた時には役立つ言葉ではないかと思う。

COJBジュニアユースのメンバーもそうだけれど、世間一般の中学生はこれから定期テストが始まると思う。限られた時間の中で効率よく勉強をし、結果を出さなくてはならない。そんな時にこの「正早安楽」に当てはめて取組んでみるのも面白いと思う。

平野コーチ
posted by COJB at 19:24| 神奈川 ☀| ジュニアユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする